FC2ブログ
ウェブサイト引っ越しのお知らせ
2015年9月10日よりウェブサイトを引っ越しいたしました

FC2からアメブロになりました。

さらに充実したサイトにしたいと思っております

旧FC2のサイトもしばらく残しておきます。

記事はコピーして移行していませんので、
アメブロの記事はFC2にはない記事です。

新しいサイトはこちら 
http://ameblo.jp/compassclub/

これからも宜しくお願い致します



-------- (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-03 (09:08)

上をミルのか、下をミルのか

僕は社会人1年目の時、こんな経験をしました。

もう15年も前の事です。8月1日に配属先が決まり、お盆休み

に入ったのですが、僕はおたふく風邪にかかってしまいました。

お盆休みを過ぎても出勤できず、職場で一番下っぱの僕は、

「あぁ~ 仕事行くの 気が重いなあ~」と思っていました。

配属されてすぐで、まだ職場で自分の居場所を作れていなかった僕は

オロオロしていました

そして出勤したのですが、上司に報告に行ったりしていた僕に、

優しくお茶を出してくれた職場の人がいたのです。

居場所がなく辛い状況だった僕は、

一瞬オアシスに導かれたように心が救われました


その人もお坊さんだったのですが、

「これが本当のお坊さんなんだ! 僕もこうなりたいな。」

って思いました。

目上の人や、権力者に対して失礼のないように、挨拶や礼儀などを

学び、子どもたちに伝えるのもいいでしょう。

昔の日本なら、権力者に刃向かおうものなら、その場で斬られてしまって

いましたから、目上の人に対する礼儀を教えるのは死活問題ですね。

しかし、本当に大切なのは一番弱い立場の人、一番困っている人に

どう接したらいいのか、その人たちの心の声を察知できるアンテナを

持っているか?だと思います。


僕はあの一杯のお茶で、「こんな人が世の中にはいるんだ」

思い、人を信じる事を思い起こし、生きていく希望が見えた気が

しました。

困っている人を無視しても、知らぬふりをしても、罪には問われない。

でも、その裏では悲しい出来事が起こっている。

困っている人にそっと声をかけられる人になりたいし、

子どもたちにもそういう心を育んでいってほしいのです

スポンサーサイト

2014-03-01 (16:10)

メダルなんていらねぇ

少し前のことですが、ソチオリンピックがありました。

パラリンピックはこれからだそうですが。


僕もフギュアスケートの女子フリーだけは夜更かしして

みました

もう寝ないとな~。と思っていたんですが、「真央ちゃんだけ見て

寝よっ」て観てました。


そしたら素晴らしい演技だったんで、これからどんな事が起こるの

だろうかと思って、最後まで観てしまいました。


4年前の銀メダルを知っている人なら、今回のオリンピックにかける

浅田選手の思いはおわかりだと思います。そして今回の選手団で、

日本国民の思いを一番背負っていた選手は、浅田選手だろうと思います。


だからこそ、あの演技に胸を打たれた日本人が多かったのではと

思います。



しかし、森元首相の発言には呆れました

人の批判をこういうところでしたくありませんが、仕方ありません。

家でビール飲みながらプロ野球観てて、ブツクサ言っているおっさん

のノリで発言してる

思った事をすぐに口にしてしまうタイプの人とは思いますが、

あの人が東京五輪の組織委員会のトップだというから、情けない。

元、総理大臣だというから日本人として恥ずかしい。

そういう人を選んでしまう日本の国民のひとりとして恥ずかしい。


森さんを担ぎ上げて、おいしい汁をいただこうとしている輩がいるんだろうと

思います。それが一番イケナイ。

プレイヤーやファンの事を一番に考えられない人は、スポーツ界の組織

を仕切ってはいけない。プロ野球の飛ぶボール問題でもそうです。


世界的スポーツイベントのオリンピックですが、

スポーツとは何ぞや?改めて考える機会でした。


今回の浅田選手は、記録には残らないですが、

日本人の記憶にはしっかり残る活躍でした。


なんとなく言いたい、

メダル、メダルって、もちろん目指せばいい

否定しない。でも誰か言ってくれ、

「メダルなんていらねぇ
と。

2013-11-17 (19:27)

ニーズに合わせて・・・。

僕は小学低学年の方から、70代の方まで卓球の

お相手をさせていただいております。

もちろん、卓球を習いに来られているので、

上達されることを目的とされておられるのですが、

必ずしも”試合で勝つ”ことを目的とされる方ばかりでは

ありません。


「歳だし、試合に出ることはないから、ラリーが上手になりたい

こういうご要望の方は結構いらっしゃいます。

子どもさんでも、スポーツが得意でないから

とあえて入会される方もおられます。


スポーツって幅広いなあと思います。

プロで人生をかけてやる人もいれば、健康のため、友達と同じ時間

を過ごすため・・・。

いろいろですね。(島倉 千代子さんじゃないですが・・・。)


アスリートからレジャーの方まで、幅広い方の卓球ライフ

を応援したいと思っております。

2013-10-10 (10:26)

開幕24連勝  楽天イーグルス

まさに神業、あり得ない

田中投手本人を含め、誰もが驚いていると思います。

24勝することはできても、無敗というのは凄すぎる。

田中投手は伝説の投手となりました。

野村元監督が「もう マー君なんて呼べなくなっちゃった。」

と話していましたが、正直な話だと思います。



実際、何度も先制点を許した田中投手ですが、田中が投げると

楽天打線は打つ 

それに奮起して田中はエンジン全開になる

田中は言う「チームが勝てばいい。」 そして勝たせてもらっていると・・・。

田中の一人相撲でできた記録ではない。楽天イーグルスというチーム全体で

達成した大記録だ!

だからこそ、価値があるのだと思う。



松井 秀喜 選手は引退会見の時に、こう話していました。

「自信を持って言えるのは、何よりもチームの勝利を大切にしてプレイしてきました。」

こんなニュアンスの事を話されていました。

こうでないと引退した日本人選手を、ヤンキースがあんな待遇をするはずありません。

松井選手の人望だと思います。


人間関係が希薄な現代社会ですが、スポーツは人とのつながりから生まれます。

「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」という言葉が

ありますが、そんな雰囲気というか心境をスポーツで体験したいですね

若い人たちには、是非これを味わってほしい!

辛いことを乗り越えてでも、体験する価値のあるものだ。


日本語は人のことを「人の間」と書いて「人間」という

本質を言い当てているように思います。



2013-09-16 (14:06)

勝つことって そんなに大事か?

当たり前ですが、スポーツの暴力問題が次々と報道されています。

当たり前というのは、スポーツに暴力があって当然という意味では

ありません。これまで日本ではずっとそういう雰囲気の中で、多くの

人がスポーツをしてきたのです。


そして、そういう雰囲気が嫌な人は、いわゆる同好会をつくってプレイ

してきたのです。大学では体育会と同好会があります。

そして、体育会の連中からすると、同好会は遊びでやっている連中?

というような目で見てきたのではないかと思うのです。

私もなんとなく、そんな風に学生時代思ってました。

なんか同好会を下にみてる感じですね。



最近思うのは、スポーツから暴力を無くそうもんなら、

勝つことを目指しちゃいけない。

スポーツで起こる多くの暴力が「勝つため」というところ

から起こっているように思う。

「やるからにゃ勝たなければいけない」

「勝たなきゃ意味がない」

という価値観が強すぎると思う。



プロとアマは違うし、スポーツを通じて何を学び、

成長したか?それから、ただ楽しむだけでもいいと思う。

ひとそれぞれ目的があっていいんだけど、ただ楽しむだけ

というスポーツがもっと幅をきかせてもいいと思う。


プロフィール

ふじはらコーチ

Author:ふじはらコーチ
高島規郎氏に師事。
TTS甲南スタジオにて
卓球教室開講中。

初心者からアスリートまで
レベルに応じ丁寧に指導します。

090-6557-3713
compassclubkobe@ezweb.ne.jp
へ連絡下さい。

TELの繋がりやすい時間帯
8:00~ 9:00
12:00~13:30
15:30~16:30
18:00~18:30

TTS甲南スタジオ
神戸市東灘区甲南町3丁目1-14
甲南本通り商店街南端
(商店街のアーケード内)

アクセス
JR摂津本山駅より徒歩10分
阪神青木駅より徒歩12分
阪急岡本駅より徒歩15分
阪神バス甲南本通下車徒歩3分
お車の方は、卓球場隣コープ等
の駐車場をご利用ください。



カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
おすすめ商品

Appendix


小中高生教室月別予定表PDF

アクセス数
コンパスクラブ神戸とは
スーパーバイザーに高島規郎氏を迎え
TTSタカハシ甲南卓球スタジオを拠点に活動中。

昼間はママさんなど大人対象
夕方から夜間は子ども対象の
スクールを開いています。

初めてラケットを手にされる方から
アスリートを目指す方まで
時代をリードする先進的な卓球を
わかりやすくお教えします。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。